サイディングプレカット

SIDING PRECUT

施工期間を短縮し、
職方さんの不足にも対応

高性能レーザー測定器で精密に測定し、切断されたものを使用するので、現場での作業が円滑に進めることができます。また、施工性能がとても高いので、経験が浅い施工者が設置する難易度を下げることもできます。現在、業界の課題ともなっている「職方不足」にも対応することができ、かつ現場で働く職方さんの負担を軽減することも可能となります。

手作業の採寸から、
革新的な採寸システムへ

手作業での採寸が一般的だったサイディングプレカット。手作業ならではの、ヒューマンエラーが採寸時やデータ入力時に起こってしまうことが長年の課題としてありました。そこで当社では採寸方法をデジタル化。採寸データの精度アップと作業の省力化を実現できました。「スケールで数値を読み取る」「採寸図への記入」「CADデータへの入力」といった手作業をすべて省略できるので、確実かつスピーディーな採寸を可能にすることができます。

近隣住民への配慮

お施主様にとって、施工期間は期待が徐々にふくらんでいくものです。しかし、施工が進む現場の近隣にお住まいの方にとっては、騒音や粉じん、排出されるゴミなどにより、少なからずストレスがかかります。その負担をできる限り軽減するために、現場での加工作業が不要となるサイディングプレカットを導入することは、ひとつの大きな手段となるのです。

WORK PROGRESS サイディングプレカット作業工程

測 量

オリジナル住宅やデザイナーズ住宅など、ほとんどの住宅にご対応。設置場所の寸法を正確かつスピーディーに測定します。

CAD入力

現場での測量データを入力し、サイディング材のプレカットに必要な割付図面を作成します。

プレカット加工

加工は工場で行うので、雨天の影響を受けず作業もスムーズに。また割付図面に合わせて正確にカットするので、廃材がほとんど出ません。

端材の有効利用(コーナー材製作)

プレカットの際に出る端材はコーナー材へ再加工され、環境に配慮した壁材を製作しています。

梱包・配送

現場ですぐに施工をスタートできるように、サイディング材を貼り付け欄に積み上げて梱包。荷下ろしの必要がなく、狭小地でも施工できます。

施 工

プレカットの精度が高いため、スムーズな施工が可能。人による品質のばらつきもありません。現場でのカットがないので粉じん・騒音が少なく、近隣への影響を軽減できます。

FEATURES 選ばれる4つの理由

工場で事前に加工をされたサイディング材を導入すると、騒音対策や施工期間短縮など、現場で働く人やお施主様にとって、いろいろなメリットが生まれます。ぜひ、この機会に導入をご検討ください。

近隣に住む方への配慮

騒音や粉じんによる近隣に住む方への迷惑を軽減できるのは、現場でサイディング材を加工する必要がないため。お施主様も安心して、建設を進めていくことができます。

施工期間が短縮できる

工場内で事前にカットするため、環境に左右されず、梅雨の時期などでも作業がスムーズに進められます。施工期間の短縮を図れるので、現場で働く人の負担も減らすことができます。

狭小地での作業も可能

現場での広さにあわせて貼面別の分納に対応。1tトラックの駐車スペースさえあれば、荷下ろしなしでも施工することできます。

廃材がほとんど出ない

図面の精度が高いので、廃材がほとんど出ず、処分・運搬費用が削減できます。環境にも配慮し、工場で出た端材はリサイクルされるので、エコな建設が叶います。