PRECUT プレカット

スピードと品質を兼ね備えるプレカット。
「現場の合理化」と「安全な住まい」を実現。

工場であらかじめ機械加工された木材を、現場で組み立てるプレカット工法。ナカザワ建販のプレカットは、厳選した良材を最新鋭の機械で全自動加工し、プロの厳しい検査を経た部材のみをお届けします。専門のCADスタッフが梁成算定ソフトで適正確認を行う安心設計。納入まで適切に保管するため、現場での工程管理もスムーズです。現場の省力化や工期短縮、近隣への配慮など、さまざまなメリットをご提供します。

製品作製から納品・施工までの流れ

POINT 01 打ち合わせ
POINT 02 CAD入力
POINT 03 プレカット
POINT 04 配 送

SERVICE FEATURES プレカットの特徴

均質部材の安定供給

メーカーから搬入された部材は精査を行ったあと、CADデータに基づいて全自動加工を施します。加工後は厳密な検査によって、基準適合品のみを出荷。品質の安定は、建物の強度や耐久性の向上にも貢献します。

大幅な工期短縮を実現

現場での加工作業がなくなるため、工期の大幅な短縮を実現し、コストダウンに貢献します。プレカットでは、仕口・継手の加工をはじめ、筋かい、間柱、垂木などの羽柄材加工、各種合板の面材加工にも対応しています。

近隣住民への配慮

現場で加工作業を行わないため、加工に伴う騒音や粉じんの飛散がありません。現場でのトラブルを抑制し、近隣環境に配慮した施工を行うことができます。

狭小地でのスムーズな施工

加工後の木材は、部位ごとに梱包してご指定の日時に納入します。現場での加工スペースが不要となり、資材置き場の縮小化にも寄与。狭小地や住宅密集地における安全かつ効率的な施工を可能にします。

環境に配慮した住宅建築

現場での加工作業を減らすことで、残材の発生を防ぎます。また、工場内では効率よく材料を利用できるため、廃材の抑制も可能。環境配慮への取り組みは、廃棄物の削減によるコストダウンにもつながります。

REASON

ナカザワ建販は、建築物を支える重要な部材を扱う会社として、仕入れから加工、商品提供に至るまで一貫して自社で行っています。顧客満足と業界への貢献を追い求める中で磨いた強みこそ、多くのお客様から選ばれる理由です。

REASON01

ご要望に応える提案力

お客様のご要望を詳しくお聞きし、最適なプランをご案内。さらに専門スタッフが強度とコストを両立させた構造設計をご提案します。豊富な商品と多様な工法に対応する技術力で、さまざまなニーズにお応えします。

REASON02

コストダウンへの貢献

全自動加工機を用いた部材の切断・加工は、日本古来の伝統的で複雑な加工はもちろん、匠の技術も再現します。その他にも様々な加工に対応することで、工期短縮と廃材の削減による大幅なコストダウンを実現します。

REASON03

最新鋭の生産設備

最新鋭の全自動加工機を導入しています。設計図データをオンライン化し、コンピュータによる生産管理を実施。複雑な加工にも対応できる生産体制です。高い性能を維持するため、毎日徹底して機械整備を行っています。

REASON04

安定した品質と供給力

業界トップレベルの技術者を筆頭に、40名のCADスタッフが在籍。さらに海外拠点との分業体制で、スピーディーな対応を実現しています。工場では厳しい出荷検査を実施し、高品質な商品を安定的に供給しています。

工場概要

加工能力
10,000坪/月(300棟/月)/横架材3ライン/柱加工機3ライン
羽柄加工機2ライン/合板加工機2ライン
パネル生産能力
大壁パネル 600棟/年(吉備パネル工場)
対応工法
在来工法/金物工法/P3/P5/HSZ/HSS/SSマルチ/プレセッターSU
プレセッター/スーパーメタル工法/デュラージョイント
その他
ISO9001取得/合法木材供給事業者認定/SS構造体加盟工場認定

主な取扱商品例

  • 大壁パネル
  • 在来工法
  • 金物工法
  • SS構造体
  • 制震装置

大壁パネル

外部合板や間柱、窓台、まぐさを開口に合わせてカットし、工場で組み立てたパネルです。施工は、番付け通りにはめていくだけで完了します。少人数での作業はもちろん、現場での作業軽減によって釘の打ちミス等が削減され、精度向上に寄与。さらに上棟時に大壁パネルの建て込みまで行うことが可能なため、構造躯体が雨にさらされることを最小限に抑えます。

在来工法

日本の伝統工法を近年の建築基準に適応させ、発展させた在来工法。ナカザワ建販では、全自動加工機で部材を切断・加工し、日本古来の伝統的で複雑な加工技術を再現します。“大工の技”といわれる、継手(部材を水平方向につなぐ際の接合部)や仕口(部材を垂直方向につなぐ際の接合部)をはじめ、多彩な加工を均一の品質で施すことが可能です。

金物工法

在来工法における仕口や継手のつなぎを金物で行う工法。部材接合部の断面欠損が少なく、接合部の強度が数値化されているため、高強度で安定した構造体を作ることが可能です。金物は工場で取り付けを行うため、現場ではドリフトピンを打つだけ。熟練技術を必要としない簡単な施工で、高強度且つ工期短縮を実現します。

SS構造体

『スーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)』は、家の形状や大きさに合わせて壁、床、基礎の強度補強を行う、「耐震等級3」相当の家づくりです。LIXILのCADセンターにおいて設計検査を行い、工事期間中には住宅瑕疵担保責任保険法人による現場検査(計2回)を実施して施工精度を確認。さらに耐震補償も付いています。

制震装置

地震エネルギーを吸収し、揺れを抑える制震装置。壁の増強によって揺れに耐える「耐震」と比較して、建物の変形を20~50%程度低減することが可能です。余震など繰り返しの揺れに対しても効果を発揮。地盤や間取りの制限がないため導入がしやすく、費用対効果の高い製品です。

木材や加工技術をご覧いただけるよう、工場見学を実施しています。お施主様向けの見学コースでは、スタッフが製造工程をご案内。事業者様には品質基準の確認のほか、新入社員研修の場としてもご利用いただいています。

プレカット事業の取り組み

木造大型パネル

大型パネルは構造材をひとつのパネルに組込み、断熱材(充填断熱および外張り断熱)やサッシに加え、一次防水までを一体化しています。お客様の求める品質や仕様に合わせて工場で生産し、現場では取付作業のみ。短時間での上棟はもちろん、玄関扉や窓、壁まで組み上げることができるため、大幅な工期短縮が可能となり、また、大切なお家の施錠や一次防水を施すことで、お施主様へ安心をお届けできる商品です。

READ MORE

「プレカット」におけるナカザワ建販が目指す先

高度な技術を軸に挑戦を続け、価値ある商品・サービスを提供し続ける。

業界環境が大きく変化する中、重要部材に携わる私たちは、その使命を果たすべく挑戦を続けます。『wallstat』による耐震性能のご提案や、建築現場を変える木造大型パネルの生産。社内連携による総合力を活かした高付加価値サービスなど、新たな取り組みにも積極的です。国内外におけるCADスタッフの強化、そして高い生産性を築くための業務体制にも注力し、安定供給を支える対応力を一層磨くことで、顧客満足を追求します。