住宅あんしん保証

ナカザワ建販は国土交通大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人株式会社住宅あんしん保証の取次店です!

瑕疵保険とは

瑕疵保険とは

せっかく建てた(買った)家、あとになって雨漏りがしたり、柱が傾いたり、基礎にひびが入ったり・・・ 心配はありませんか?これらの事故の原因が瑕疵によるものであった場合、必ず補修できるようにするための、保険の仕組みがあります。
それが、義務化保険の住宅瑕疵保険(正式には住宅瑕疵担保責任保険)です!
※「瑕疵(かし)」とは「(1)きず。欠点。(2)法的になんらかの欠陥・欠点のあること」。

住宅瑕疵保険とは、引渡しを受けた新築住宅に、万が一後日、欠陥が見つかった場合に、その欠陥を補修するためにかかった費用をお支払いする保険です。

建設業または宅建業免許をお持ちの事業主様は新築住宅を建設するときに必ずお申込みしていただく必要がございます。 また、保険期間は住宅の引渡しの日から10年間です。

瑕疵保険とは

住宅瑕疵担保履行法

建設業または宅建業免許をお持ちの事業主様は新築住宅を建設するときに必ずお申込みしていただく必要がございます。 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。

義務づけの対象者

住宅事業者に資力確保措置が義務付けられるのは、所有者となる発注者または買主(宅建業者を除く)に新築住宅を引渡す場合です。代表的なケースは次のとおりです。

義務づけの対象者

対象となる範囲

対象となる範囲

保険金の請求について

万が一、瑕疵が生じた場合事業主様へ保険金がおりますが、もしも事業主様が倒産されていた場合は住宅取得者様が直接住宅あんしん保証へ保険金の請求をすることができます。

保険金の請求について

ナカザワ建販では申し込みから保険証券の発行までお手続きさせて頂きます。