SS構造体

地震国ニッポンで家を建てる、これからの「安心基準」。

「耐震等級3」相当にこだわる、SSバリューの家づくり

「耐震等級3」相当にこだわる、SSバリューの家づくり

SSバリューなら安心!

これから家づくりを始める方には、さまざまな夢やこだわりがあると想います。しかし、最も大切なことは、家族みんなが「快適」「安心」「安全」に暮らせる家であること。スーパーストロング構造体バリュー(以下SSバリュー)による、「耐震等級3」相当で建てる家づくりでは、永く暮らすマイホームですから、目に見えるところだけでなく、目に見えない「住まいの性能」(耐震性、耐久性等)にしっかりこだわった家づくりをご提案しています。

※「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

「耐震等級3」相当の強さのヒミツ

それでは、「耐震等級3」相当で家を建てる強さのヒミツはどこにあるのでしょうか?建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみると、その違いがよくわかります。住宅の耐震性を高めるポイントは、壁・床・基礎の強化です。建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさに関わらず、一定の基準を満たせば良いという項目が多く、きめ細かな補強策がとられていません。それに対し「耐震等級3」相当の家づくりでは、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかした補強を行うため、開放的な空間でたっても安心できる、地震に強い家を実現することができるのです。

「耐震等級3」相当の強さのヒミツ

耐震偽装や欠陥住宅などの心配はないの?

まだ記憶に新しい「耐震強度偽装事件」では、マンションのみならず建物の耐震強度についての関心が高まり、厳正な設計検査と設計どおりの施工を確認する現場検査がいかに重要であるかを再認識することになりました。 家づくりでは、設計した図面をLIXILのCADセンターにおいて、1棟ごとに構造設計CADシステムにより「耐震等級3」相当を設計検査。
お客様には設計検査報告書として「わが家のプロフィール」をお渡しします。また、住宅の工事期間中に住宅瑕疵担保責任保険法人によって、計2回の現場検査を実施することで、設計図どおりの施工精度を確認いたします。

耐震偽装や欠陥住宅などの心配はないの?

万が一、地震で家が倒壊してしまったら?

たとえ耐震強度の最高等級で家を建てたとしても、万が一、地震で家が倒壊してしまったら・・・という一抹の不安は誰にもあります。これまでの大地震で被災された方の中にも、地震で家が倒壊し、建て替えるにも住宅ローンが残っていて2重ローンが組めないという、悲惨な経験をされている方が実際にいらっしゃいます。そこで万が一、地震の揺れで家が全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する耐震補償が付いています。

万が一、地震で家が倒壊してしまったら?