制振装置

制振装置とは

地震エネルギーを吸収する「制震」、くらべると見えてくる、様々なメリット

  制震 耐震 免震
特長 壁に入った制震装置が
地震エネルギーを「吸収」して
揺れを抑える
壁を増やしたり
固くしたりして
地震の揺れに「耐える」
建物の下に免震装置を設置し、
地面の揺れを建物に
「伝えない」
建物の変形 耐震に比べ、20~50%程度の
変形低減が可能
筋交いや合板で耐えるが
釘の抜けや破損など
ダメージが残る可能性がある
耐震に比べ、最大90%程度の
変形低減が可能
(地震周期により影響される)
地震加速度
の低減
加速度が低減される 加速度は低減されない 加速度は大幅に低減される
コスト 低価格 高価格
地盤の制限 制限なし 制限なし 軟弱地盤では適していない
備考 商品によっては耐力壁となる。
繰り返しの揺れ(余震など)
にも効果的
繰り返しの地震があるごとに
強度が落ちる
間取りの制限がある。
長周期地震には適していない。

取扱い制震装置一覧

  • GVA

    ・高減衰ゴムによって揺れを吸収
    ・振動解析サービス有
    ・壁倍率は取れない
    ・基本設置数:8体(30坪前後)

    関連リンク
  • WUTEC

    ・高純度アルミニウムによって揺れを吸収
    ・無料専用ソフトにより減振率を算出
    ・壁倍率:2.6倍
    ・基本設置数:4体(30坪前後)

    関連リンク
  • V-RECS

    ・高減衰ゴムによって揺れを吸収
    ・無料専用ソフトにより減振率を算出(有償の地震応答解析サービス有)
    ・壁倍率は取れない
    ・基本設置数:4体(30坪前後)

    関連リンク
  • GO-TA

    ・摩擦ダンパーによって揺れを吸収
    ・地震応答解析サービス(無料)
    ・壁倍率:1.7倍
    ・基本設置数:4体(30坪前後)

    関連リンク
  • TRCダンパー

    ・特殊粘弾性ゴムによって揺れを吸収
    ・地震応答解析サービス(無料)
    ・壁倍率:1.3倍
    ・基本設置数:4体(30坪前後)

    関連リンク
  • エースダンパー

    ・オイルダンパーによって揺れを吸収
    ・振動解析サービス有
    ・壁倍率は取れない
    ・基本設置数:18体(30坪前後)

    関連リンク