金物工法

金物工法の特長

金物工法の特長

接合部の断面欠損が少なく、木材本来の強度を最大限発揮します。
ドリフトピンを打つだけの簡単施工が可能で、施工の補助金物が要らないため工期も短縮できます。
接合部の強度は全て試験により数値化されているため安心です。

取扱い製品一覧

  • タツミ テックワンP3、P5

    タツミ テックワンP3、P5

    ・梁受け金物の出巾100mm
    ・表面処理:高耐食性のメッキ防錆処理(ストロンジングJコート処理)
    ・実大振動実験にて検証済
    ・金物工法シェアNo.1

    関連リンク
  • タナカ SSマルチ

    タナカ SSマルチ

    ・梁受け金物の出巾66mm
    ・表面処理:溶融亜鉛メッキ + カチオン電着塗装
    ・梁受け金物2つを背中合わせにして、梁-梁の木口同士を接合可能
    ・特殊形状のドリフトピンで、ピン打ち作業の負荷を軽減

    関連リンク
  • ストローグ Stroog.Node

    ストローグ Stroog.Node

    ・梁受コネクタの出巾48mm
    ・表面処理:リン酸亜鉛皮膜 + カチオン電着塗装
    ・スリット加工が小さいためあらわし構造の場合にも美しい接合部を実現
    ・ホゾ付き構造によりズレを防止でき、ホゾ経とホゾ穴経を同寸として初期ガタを防止

    関連リンク
  • カネシン プレセッタ―SU

    カネシン プレセッタ―SU

    ・梁受け金物の出巾58mm
    ・表面処理:Z27クロムフリー鋼板
    ・従来の板厚3.2mmから2.3mmにすることで、金物の粘り強い変形により強度を発揮
    ・梁受け金物へスリットを挿入しやすいよう、つぶし加工が施されている

    関連リンク
  • カネシン プレセッター

    カネシン プレセッター

    ・梁受け金物の出巾38mm(2ピースの金物同士の接合により高強度)
    ・表面処理:プロイズ又はZAK

    関連リンク
  • ナカザワ建販 スーパーメタル工法

    ナカザワ建販 スーパーメタル工法

    ・梁受け金物の出巾100mm
    ・表面処理:電気亜鉛メッキ
    ・梁受け金物がワンスリットなので、あらわしに適している
    ・木造住宅合理化認定取得

    詳細(PDF)
  • カナイ デュラージョイント

    カナイ デュラージョイント

    ・梁受け金物の出巾100mm
    ・表面処理:デュラルコート
    ・梁受け金物のスリット形状が最小で、あらわしに適している

    関連リンク