基本方針

経営目的

私たちは、経営目的を「顧客の創造」と定めます。

企業の目的とは、価値を提供し、利益を出し、お客様に必要とされ、会社を存続させることです。
しかし、利益は結果であって目的ではないと断言します。
利益が中心になると顧客志向にならず内向き志向になり長期的なナカザワグループの成長は望めないと考えます。

「顧客の創造」
お客様に喜ばれる住生活の商品・技術・サービスの提供

“資材や工事や情報力を必要としている会社がある”だけでは私たちのビジネスにはなりません。
その情報に応える行動を起こし、喜ばれる商品・技術・サービスを提案し採用されて、初めて商売が成立します。さらに、商品を適正価格で販売し、集金しなければ赤字となり、企業として存続できなくなります。ところが住生活産業界は、今まで以上に新築が減少し、ZEHや新しい環境提案が求められ、厳しい企業選別の時代になっています。その中で新規顧客に適正販売できる仕組みを創り、利益を上げて、顧客を創造することは素晴らしいことです。

私たちは、お客様のニーズ(顧客価値)を捉え、より多くのお客様の要求に応える「新しい価値を創造」して「顧客の創造」をすることが、ナカザワグループとしての成長であり、経営目的であり、社会への貢献なのです。

経営資源

「人財」が全てです。

“ヒト”“モノ”“カネ”や“情報”が、企業の資源と言われていますが、私たちの会社では、人財で扱う商品が決まり、人財の行動で、目的や目標、ビジョン実現の成否が決まり、人財によって幸せな家族づくりの企業風土が培われると考え、「人財」が全て、と明言します。

社員は会社の宝です。会社は誠意と熱意あふれる創造力豊かな、自律した人財を継続的に輩出し、社員満足の追及と、顧客と共に住生活環境の向上に貢献いたします。

ビジョンとミッション

経営ビジョン

新しい価値創造の環境と流通をリードする

住生活の未来を育む新しい価値創造のパートナーとして、社会の幸せを願う良質な環境と流通の改革をリードする。

安心・安全を基軸とし、顧客の期待に応える住生活の商品・技術・サービスの提供でWin-Winの関係を築き、モノからコトへの変革、取引先・地域の方と協力して、プロとして未来に向け成長するナカザワグループを創る。

経営ビジョンは会社成長への想いと志です。
想いは、住生活産業界で「日本一」を目指すことです。
志は、顧客と共に私たちの「幸せな家族づくり」です。

ミッション(使命)とは

持続的に成長するために、将来に亘って引き継げる志

経営使命

住生活環境の向上とお役立ち
活気あふれる職場環境づくり

経営使命達成の行動が、成長に導く人財育成や職場の活性化に繋がり、志の活動が住生活環境の向上や良質な住まいに反映されて、お客様の喜びと社員の笑顔やその家族の幸せを生み、心豊かで活力あるものとするために。

住生活環境の向上とお役立ち

住生活産業から住生活環境の向上へ

私たちの業界が住宅産業から住生活産業へ変化しました。住生活産業の目的と志が「住生活環境の向上とお役立ち」であり、ナカザワグループが社会の人・モノ・金・情報を使い、世のため、人のために行う志が、経営使命です。
住生活環境の向上には、CO2削減など地球環境に貢献するお役立ちと、若年・子育て世帯や高齢者が安心して暮らすことができる環境の実現や、既存住宅の流通と空き家の利活用を促進する住宅ストック活用型市場への転換が必要です。ナカザワグループは、住生活を支え強い経済を実現する担い手として住生活産業を活性化します。

「住生活環境の向上とお役立ち」とは、私たちの仕事そのものと考えています。

お客様の役に立ちたい創意と工夫が、人財の育つ環境をつくりイノベーションが生まれます。

活気あふれる職場環境づくり

経営使命「活気あふれる職場環境づくり」の目的は、利益優先の効率化から・・・・社員協力による効率化へ
社員の、社員による、社員のため”の会社成長です。それには、お客様から見ての「差異」づくりが必要です。

差異=新しい価値創造

新しい価値創造とは、現状の商品(技術・サービス)価値に、私たちが創意して付け加える価値です。その付加価値は、他社との品質・技術・サービス等の“差異”であり、それは優れた顧客満足を生み出し、顧客の喜びを追求する熱意の結果、私たちの価値創造となるのです。

ナカザワグループの“差異”づくり

(創業から築かれた信用・信頼の価値をさらに高める)
 (1)お客様から好意的に認められる良い「社風」を高める
 (2)相手に伝わる「会社の付加価値」・「ブランド」を創る
活気あふれる職場環境づくりが、会社の成長性を高める。 

経営の基本方針

社員の知恵を集め、新しい価値を創造して、健全経営を目指す

会社とは、過去から現在までの姿、日々の売上・利益、日々の経費、日々お客様への役立つ行動の積み重ねです。

経営とは、現在から未来への志

顧客の為に、新しい価値と高い品質の商品とサービスを
社員の為に、働きがいのある職場と公正な評価と機会を
社会の為に、地域の一員として責任を果たし相互信頼を
株主の為に、企業として誠実で信頼に応える健全経営を

(1) ガラス張り経営に徹する

会社の経営方針や中長期計画、目標に対する業績の実態を見える化して適時・適切に社内外に公開していきます。

(2) 全員参画の経営に徹する

社員・幹部・役員は三位一体で経営に参画し、仕事の役割の中で目標に向い力闘向上して事業成果を拡大します。

(3) 成果配分の経営に徹する

各部署や担当業務に対する正しい評価と会社業績の成果を明快なルールで各部署や社員個々に公平に配分します。

経営の基本方針が目指す目的

「社員の幸せ」・「会社の成長」・「豊かな社会の実現」

基本コンセプト

私たちが追求する、物事の本質や未来を捉える思考

「フリー」・・・・・・自由な発想で物事を考える
「フェアー」・・・・・公平に物事を評価する
「グローバル」・・・・広い視野に立って物事を見る

「フリー」多様性は会社の力です

個人の能力・価値観・経験・仕事スタイルなどの個性を尊重し、全社員自らが考え行動できる組織を指向する。全員が同じようにという価値一元主義は、弊害と考える。

「フェアー」機会平等を徹底する

全社員が公平に機会を持てるようにする。やる気があるのに、性別、学歴、経歴、肩書、国籍、容姿、経験などを理由に仕事への挑戦のチャンスを閉ざすことはしない。

「グローバル」広い心で経営を考える

地球環境や社会を良くする取組みと共に住生活の発展に貢献することが会社成長に繋がると信じ、正しいことを考え、すべての業務を素直に進化させる心で経営をする。

仕事は、常に「選択」と「集中」して行動する。

自社の得意な事業領域と仕事の定義を明確に選択して、経営資源を集中し、品質目標の成果を出す為に行動する。

私たちの人生や仕事の未来(成果)は、考え方と熱意と能力の三つの要素の掛け算で決まります。

しあわせ創造企業

「しあわせ創造企業」とは、ナカザワグループが過去の経験をもとに共有してきた経営理念・目的・基本方針等の理念体系をより素晴らしく変革するための鍵となる“共通の意味づけ”であり、社内への改革だけでなく、グループが社内外に発信する新しい企業文化の創造です。

私たちが「しあわせ創造企業」へ変革するために

(1) 仕事を好きになり、明るく元気に前向きに行動をする
(2) 会社のあるべき姿を明確に、三位一体の協力で頑張る
(3) 上下左右の壁を無くし、適切な人財で具体策を進める
(4) 多くのお客様が満足する、技術とサービスを開発する

お客様に必要とされる会社”であり続けるために
「相手よし・自分よし・みんなよし」三方よしの取組で

・ワクワクする夢を描き、認識させ、想いを浸透させる
・失敗を恐れない挑戦の心で創造の企業文化を醸成する
・お客様の声に耳を傾け「ありがとう」を推進力とする

未来への行動指針

未来という言葉には、“これから良くなる”という希望的な意味と“この先は分らない”という、不安を併せ持っています。だから、現状を把握し、三位一体の熱意で将来を考え、顧客と共に「しあわせ創造企業」を築く。

未来への行動指針10ヵ条

1条.創造と挑戦(何もしないことが最大のリスク)

失敗を恐れず、仕事に志とロマンを持ち行動をする

2条.しあわせ創造企業になるための仕組みづくり

顧客と共感・共有する夢ビジョンを創り、宣言する

3条.将来が展望できる、夢ある中長期経営計画作成

経営計画の作成責任は社員・幹部、達成責任は社長

4条.未来に向け、明るく元気に、勇気と希望を持つ

人は勇気を出した回数だけ成長する。逆境に立向う

5条.社員が大切に思う「働きがいのある会社」創り

働く一人ひとりが笑顔、成長のチームナカザワ造り

6条.現在の状況と顧客を分析し、未来客を獲得する

売上・利益率UP、固定費削減、新しいニーズを開拓

7条.目標達成を具体化する為のプロジェクトを行う

コミットメントし、解決策を考え、行動・反省する

8条.人事制度を整備、考課を基に社員の成長を促す

計画目標の達成状況の評価と昇給・賞与への連動も

9条.私たちが共有する理念体系や方針を改善・改革

経営成功の要因は、経営理念の確立と浸透が50%

10条.打つ手は無限(諦めたら打つ手は出てこない)

知恵を振り絞り、考え抜けば新しい道が開けてくる

事業領域

住生活環境の幸せ創造業
“周りの皆様の喜びがあって、私たちも幸せになれる”

ナカザワグループは、住生活の商品・技術・サービスの安心・安全な提供活動を含め、事業全体で環境への負荷を限りなく軽減すると共に、お客様や社会と、私たちの幸せを目指す「住生活環境の幸せ創造業」を追求する。

住生活環境(住生活環境の向上とお役立ち)

住まい、生活、地域社会貢献のためCO2削減や無駄をなくし地球環境に配慮した企画・商品・施工を提供する。

幸せ創造業とは、

今後の住生活市場は、新築住宅の着工規模縮小、大工・専門技術者の不足、法規制の厳格化から住宅流通やサービス業を中心に「持続可能な循環型社会」に移行する。しかし、どのような社会になっても、お客様の“満足”や“便利さ”といった価値を提供すると、お客様は必ず「ありがとう」と言ってくださいます。「ありがとう」の言葉は私たちにとって最高の喜びであり、これが幸せ創造の原点です。

品質方針

私たちの会社は、お客様に満足感・信頼感・安心感を提供できるように顧客側の視点から、品質とサービスのさらなる向上を目指しています。お客様から最も信頼される新しい価値創造のパートナーであり続けることは、私たちにとって顧客に対する最大の目的であり使命です。

ナカザワグループの品質方針

(1) 顧客と組織に対し安心・安全を第一に行動する。
(2) 組織の信頼を築き業務の生産効率の向上を創造する。
(3) お客様の信頼に応える品質・スピード・サービス等の価値を提供する。
(4) 地球環境に配慮した「住生活環境の向上とお役立ち」の商品・技術・サービスを常に追求し推進する。

チームナカザワ

私たちの会社では、一部の経営陣だけで経営を考えるのではなく、「全員参画の経営に徹する」ことを経営の基本方針で謳っています。幹部の皆様を中心に、仲間のために尽くすという同志“チームナカザワ”としての繋がりをもって、みんなのためにより良い仕事を進めていくことが企業としての成功に欠かせない大切なことです。

ナカザワグループが今日あるのは、お客様や取引先様はもちろん、職場の仲間や家族といった周囲の多くのご支援があるからこそです。